FC2ブログ
お医者さんごっこをディープに研究していきます
女子慰科大学メディカル・プレイ科学教室シラバス
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
処女の秘所はこうして調教された(Introduction)
2007年 04月 27日 (金) 19:28 | 編集
Abstract
今日は医療プレイとは関係ないのですが、症例報告として私の若い頃のできごとについて書きますね。

Introduction
医大に入学したばかりのある日のことでした。
新入生のオリエンテーションが一段落したときに、私は廊下に出ようとしました。
そのときたまたま一人の男子学生とはちあわせしてしまいました。
「あっ、すみません。先にどうぞ」
背の高い彼が会釈してくれました。
「あっ、ごめんなさい。」
これがきっかけで、彼とはよく話すようになりました。

ある日、彼が食事に誘ってくれたので、気軽な気持ちでファミレスに二人で行きました。
食事が終わって、レジのところまで行くと、彼は
「ここはいいよ。少しで悪いけど僕がもつから。先に外に出て待ってて。」
と、はずかしそうににっこりしました。
お会計を終えて出てきた彼の手にはキャンディーを花束のように束ねた小さいブーケとわんちゃんのぬいぐるみがありました。
「これ、おみやげ。」
「え~!かわいい~!そこで買ってくれたの?ありがとう!すごくうれしい!」
「ほんとうは、今日は帰したくない。」
彼はそう言って私を抱き寄せました。
長身の彼のわきにすっぽり入った瞬間、私の秘所がジュンっとなるのを感じました。
男のひとを知らなかった私は、それがどんなことなのか、その時は気付きませんでした。

数週間後、今度は彼の家に寄らないかと誘われました。
高校生の頃、男子の多い理系クラスだったので、男子生徒の家で勉強会をするようなこともよくあったので、そのお誘いに特別な意味は感じませんでした。
男子生徒の家に行っても、そこの家のお母さんが勉強の合間にマドレーヌと紅茶なんかをもってきてくれたりするのが常でしたから。
でも、彼の家に着くとそこはアパートで、彼はひとり暮らしだとわかりました。
「今日は遅いから、泊まっていきなよ」
コーヒーを飲みながら彼が微笑みました。
それでもまだ、私はそれがどういう意味なのかわかっていませんでした。
でも、彼ともっと一緒にいたいと思いました。
彼の彼女になりたいなと思いはじめていたからです。
私は親に嘘のいい訳の電話を入れて、彼と朝まで一緒にいることにしました。

夜中をすぎてから、シャワーの後、ぶかぶかの彼のコットンのパジャマをかりて、床に敷いたおふとんにもぐりました。
彼はソファで毛布にくるまっていました。
私は顔が毛布にうもれるくらいにもぐって、彼に背を向けて目を閉じました。
幸せな気分でいっぱいになって、ぬくぬくウトウトしてきたとき、突然後ろから髪をかきわけられて、耳に何かあたたかいものが触れました。
彼の指がゆっくりと私の耳をまさぐりました。
頭の後ろがジーンとあつくなる感じがしました。
どうしていいのかわからず、目をとじたままじっと、彼にされるままにしていました。
すると、今度はぬめっとした感触が耳の穴をそろそろとふさぎました。
そして熱い息。
私の秘所がまたジュンっとなるのがわかりました。
「・・・ぅくっ・・・」
「おこしちゃった?」
「・・・うん・・・」
私はとまどいながら目をあけて彼の方にふり向きました。
彼の顔が見えないほど近づいてきて、彼の柔らかい唇が私の唇をふさぎました。
頭の中がぼーっとなりかけたとき、乳首に軽い痛みを感じ、私の体中の筋肉がびくんと萎縮した感じがしました。
「・・・ぁぁは・・ぃたい・・・・」
いつのまには私のパジャマのボタンははずされ、乳房がむきだしになっていました。
「・・・ぃゃぁ・・・はずかしいよ・・・見ちゃいや・・・こんなの見られたくない・・・」
パジャマで乳房をかくそうとすると、彼は強引に私の両手を押さえて、腕を左右に大きく開いたかたちで床におしつけました。
「痛かった?ごめんね。痛くないようにしてあげるから」

(次回に続く)
スポンサーサイト
[PR]

歯科用の診療セットの冷たくて繊細な刺激でいっちゃうそうに・・・
2007年 04月 24日 (火) 16:05 | 編集
高校生の頃、歯医者さんで歯科助手のバイトをしていました。


歯科衛生士さんのつかいっぱのような仕事だったのですが、うら若き私は、初めて触ったホンモノの医療器械で、すご~く萌~な気持ちになったんです。
(もちろんその頃は正真正銘のバージンでしたが・・・)

歯科の器械ってとっても独特で、繊細ですよね。
こういう繊細な器械で細かくいろいろいじったりされるのって、すご~く感じちゃいます。

まず歯科診療の基本セットから紹介しますね。
まずは器械をひととおり並べるバット。歯科用のバットはコンパクトさがかわいいですね。


そして、やっぱり歯医者さんといえばデンタルミラー。
ディスポタイプもありますが、↓

私が萌~なのは、やっぱりプロ仕様っぽいやつですね。

ミラーの背中で小陰唇をかきわけられて、ひだひだを観察されたりするのはかなりきちゃいます。

それから、両頭練成充填器#1両頭エキスカベーター(角柄)#14
エキスカベーターは歯の汚れを除去したりする器械です。
充填器はセメントを歯につめたりするときに使います。
どちらも先が細くて丸いので、クリトリスの皮をむいたり、乳首をりんごの皮を剥くように刺激したりするとイっちゃったりします。
練成充填器の#14というのがあるのですが、先が玉状になっているので、クリトリスをツンツンツンってするのにいいのです。
(練成充填器の#14だけは一般に販売しているオンラインショップを見つけられませんでした・・・ごめんなさいね。)

歯科用のピンセットはフォルムがきれい↓なのです。

充填器で皮を剥いたクリトリスをつまみあげたりできます。先がとがっているし、強くつまむと痛いので、ウデのみせどころですよ!

エキスプローラは歯石を調べたりする器械で、針なので刺さると痛いです。↓

針刺し事故注意なアイティムですね。私もバイト中に指に刺さっちゃったことがありました・・・。
でも、優しくツンツンすると刺激がビクンビクンってきます。
いろんなところをツンってしてみてくださいね。

これが簡単な診療基本セットとその使い方です。

ちょっとマニアックな家庭でのデンタルケアツールとしては、ヤニとり(先極細)・舌みがき・歯垢取り(先細)・デンタルミラー・歯垢とり(先太)の5点セットですね。

めちゃくちゃ歯医者さんっぽいんですが、おうちでデンタルケアをするためのセットなのです。
見た感じはいいのですが、モノによってはケガに注意なのです。

余談ですが、UCLAの歯学部ロゴグッズ(帽子とかTシャツとかetc・・・)をアメリカから直で買えるサイトをみつけちゃいました↓
私的にはマグカップとか欲しいな~。
http://www.shika-mall.com/shop/item.cgi?a=s&n=25&ag=net
おっぱいをスルスル触診するのが検診のキホン。
2007年 04月 21日 (土) 00:15 | 編集
先日紹介した庵蔵堂ブログさんで、ホンモノそっくりのおっぱい検診の医学シュミレータを紹介していました。

「手触りも見ためもホンモノそっくりで、乳癌のしこりがしこまれている。・・・
専用の台座につけたり、エプロンのように装着したりできるので、アイディア次第で使いみちも増える。
男性も乳房体験をしてみたり、宴会の一発芸で使うこともできる。
また、お気に入りのビキニをディスプレイしたりするのにも使えるスグレモノなのだ。」
(http://ungradobiblio.blog51.fc2.com/blog-entry-15.html)


ということで、今回は乳癌検診のしかたを書いちゃいますね。
みなさん、おっぱいを触診するときってどんな感じにしてますか?
やっぱり男性はけっこう強く揉んだりされていたりしますか?

実は揉んでしまうと乳癌は見落としてしまうのです。
それで検診では、スルスルーっと優しく触診します。
揉むのとはまたちがった陶酔感があって、いいですよ。

では、女性が自分で触診することもできる簡単なやりかたを紹介しますね。
まず、バスタオルやクッションを敷いて、横向きにねます。
床側の腕を耳をのっけるようにして伸ばします。
バスタオルやクッションを使って、体と床の隙間を埋める感じにします。

ボディーパウダーをおっぱいにつけます。
私の好みではアロマつきのパウダーがいいですね。ちなみに私のお気に入りはコレ。↓

生活の木 アロマテラピー・ボディーパウダー リラックスラベンダー(30g)

そして、おっぱいを床側から乳首に向って、スルスルーっと触ります。
いろいろな角度で下から上にスルスルーっと優しく触ります。

今度は同じ体位で、腕だけふつうにして同じように、おっぱいを床側から乳首に向ってなで上げでいきます。

本当は自分で検診するやりかたなのですが、先生が背中側から患者さんに触診してあげるのにもつかえますよ。

ところで、最初に紹介したおっぱいの医学モデルなのですが、私ならどうしようかな・・。
普段は先生役の男性につけてもらって、コラン舌鉗子 17.5cmで乳首をキュッとしちゃおうかな。

インフォームドコンセントっぽく、
「こうやって治療していきます」
って先に医学モデルの乳首をいろいろな器械でつついたりしてるのを見せつけてもらって、さんざんじらされて、
「・・・お願いします・・・」
って最後に自分から言うことになっちゃうのもいいかな・・・。

ちなみにコラン舌鉗子 17.5cmは救急の気道確保なんかに使う先の丸い舌鉗子で、小陰唇をめくったりするのにも使えます。
大ぶりな器械なので、プレイのときには視覚的にも感じてしまう器械です。

コラン舌鉗子 17.5cm

今夜は二人で六本木の点滴バーでワンショット。
2007年 04月 19日 (木) 14:53 | 編集
数年前、表参道のドリアデというイタリア系のインテリアショップのショーウインドウに点滴バッグのようなものがぶら下がっていました。
気になってお店に入ってみると、点滴バッグのような透明な袋からチューブが延びていて、観葉植物にお水をたらしていました。
これは「ERBALE」という壁掛けタイプのプランターでした。とっても美しいデザインでした。
最近では、植物に点滴を打てるVitamine社のI.V. Plant Potっていう点滴つきの植木鉢もけっこう話題になりましたね。

点滴ってデザイン的にもかなり萌るのですが、それは私だけでしょうか・・・。
何年も前、入院したことがあります。
担当してくれたのは唐沢くん系の若い外科の研修医でした。
年も近かったこともあって、いつもフレンドリーに優しく接してくれました。
入院中のある日、土曜日の午後にMRIの検査をすることになりました。
途中までナースのかたが一緒にいてくれたのですが、なぜかナースのかたが帰ってしまって、先生が点滴の針を抜いてくれるという珍しいシチュエーションになったんです。

先生はゆっくりと針を引き抜いて、脱脂綿をあててくれました。
それから手の平を脱脂綿に押し当てて、ぎゅっと圧迫止血をしてくれました。
そのまま先生と私は無言で目と目を合わせていました。
検査室で二人きりで沈黙していたのは、ほんの数分間のことでしたが、あんまりどきどきしてしまったので、すごく長い時間に感じられました。
圧迫止血で濡れてしまった経験はこのときだけです。
針刺しプレイとか痛いのは苦手な私ですが、点滴というとこのときの針が抜かれるときの感触がよみがえってきてしまいます。

点滴バーでも行ってワンショット打ってもらってこようかな・・。
え?点滴バーって知りませんか?
六本木にあるんですが、ビタミン剤など、お好みの点滴サプリを打ってくれるところなのです。
クリニックがやっているスペースなのですが、肌荒れや肩こり、野菜嫌いのビタミン補給などの要望を伝えてサプリをコーディネートしてもらいます。
ゆったりしたチェアに体をまかせて、点滴に癒されるのっていいですよね。
点滴大好きなかたが病気でなくても点滴してもらえるといううれしいスペースなのですよ。
担当のナースのかたに気軽に話しかけられる雰囲気も、フツウの医療機関とは違いますね。
ちなみに、予約制で自費診療です。
http://www.musubiha.com/tenteki.html

ところで余談ですが、点滴の中身を飲んでテイスティングしてみるというウケる試みをレポートしたサイトをみつけました。
http://www.tanteifile.com/baka/2005/07/05_01/index.html
さすがに私もそんなまずそうなものを味わう勇気はありません・・・(>_<)
「メディカル・ホラー」っていうの好きだな~
2007年 04月 18日 (水) 14:06 | 編集
私は怖いのと痛いのは苦手と書いたのですが、「メディカル・ホラー」というのはちょっと気になります。
FC2ブログをサーフィンしていて、「メディカル・ホラー」のブログをみつけて、ちょっとコーフンしちゃいました。
人体実験を扱った書籍や解剖ドキュメンタリー映画などをタンタンと紹介しているブログで、なんか気になるブログでした。
また訪問しちゃおっと。

庵蔵堂ブログ
http://ungradobiblio.blog51.fc2.com/
カルテ通信の鼻鏡責めの写真に憧れて・・・
2007年 04月 17日 (火) 20:48 | 編集
耳鼻咽喉科でよく使う器械で、鼻鏡というものがあります。
鼻腔を診るためのものなのですが、何となく他のあなのこともイメージさせてしまう不思議な魅力があります。
カルテ通信(vol.52)の日高ゆりあちゃんなど、鼻鏡で診察されている写真ってよくありますね。
こういう写真を見て、鼻腔を診られて感じてみたいな~・・・と憧れていました。

なぜ「憧れ」だったのかというと、実は私は鼻で感じた経験がなかったのです。
だから写真を見て、こんなにされたらどんなに感じちゃうのかな・・・とエッチな妄想を抱いていました。

鼻鏡といえばハルトマンが一番メジャーなタイプなのではないでしょうか。↓
鼻鏡 ハルトマン式

でも、正面からフツウにハルトマンで診られても、未開発な鼻腔は羞恥さえ感じませんでした。
耳鼻咽喉科に通院していた経験があったからかもしれませんね。

それで、もう一度カルテ通信を観察。
それでちょっと鼻鏡を変えてみることにしました。

カルテ通信では、使う時の手つきが官能的な和辻式↓や
鼻鏡 和辻式


フォルムがなんとも美しい俣野式↓を使っているようだったのです。
鼻鏡 俣野式


そして、前方から使うのではなく、頭頂の方向から、無理な体勢で使ってみることにしました。

まず顔を気道確保状態にして、そして手足を拘束しました。
「恥ずかしいアナの手術をしますね」と顔にドレープ↓をかけました。

最初はいい香りのするローションを穴の縁にラテックスの手袋で優しく塗ってくれていたのですが、
「それじゃあ穴を広げますよ。ちょっと痛いけどガマンしてくださいね。」
と言って、ギリギリと私の鼻腔を鼻鏡で広げました。
そして鼻鏡の角度を変えては、
「奥の方までよく見せてね」
と、数分間に感じられるくらいの時間診られていました。
「分泌物も採取しますよ」
と綿棒で鼻腔の内壁を刺激されたりしました。

もはや耳鼻咽喉科の診察とは別の次元で鼻鏡が私を責めていました。
鼻腔ではなく膣を押し広げられているような不思議な羞恥心でいっぱいになりました。
下の腔から分泌物が湧きあがってきて、こっちも診察して欲しいことを主張して、パクンパクンと痙攣し始めてしまいました。

ちなみに、SM系が好きなかたはフレンケルの方がいいのかな・・。
ネジでギリギリ鼻腔が押し広げられていくので、痛そうです。↓
鼻鏡 フレンケル式

私はこれを自分の鼻腔に挿入した経験がないので、その痛さがわからないのですが・・・。
試験管やメディシンボトルのミニチュアを携帯につけて、モバイルに萌える!
2007年 04月 14日 (土) 01:57 | 編集
私は試験管やビーカー、フラスコなどの実験用具が大好き。
もう見ているだけで萌~な気持ちになってしまうのです。
だからちょっとメディカルっぽいストラップとかチャームには目がないのです。

特にチャームならシステム手帳やペンケースのファスナーにつけたりできるのでストラップより好きかな

   

でも、携帯ストラップも携帯電話だけでなく、ネットワーク・ウォークマンとかPalmにつけたり、図書館カードにつけたりして利用できるからいいよね。
   

こういうのって、つい集めたくなっちゃいますよね。
一年に一度病院に潜入できるチャンスをみのがすな!
2007年 04月 13日 (金) 14:48 | 編集
カルテ通信系の医療プレイ大好き!なメディカル・フェチなら、フツウなら見られないような病院の世界をのぞいてみたい願望アリアリなのではないでしょうか。
そんな欲望をかなえてくれる貴重なチャンスが年に一日だけあります。
それは、5月12日の看護の日。
この日の前後に毎年「ふれあい看護体験」というイベントがあって、大学病院をはじめいろいろな病院で素人さんを一日ナースとして受け入れます。
私の勤務する病院でも毎年担当のナースのかたがたが、院内ツアーのコースや体験させるメニューなどいろいろ企画しています。
院内ツアーでは、ICUやオペ室、材料部などを見学させたりします。
体験メニューは、患者さんのバイタルチェックや足浴、洗髪などを実際にやってもらったりします。
医大の同窓生の勤務する某大病院では、糖尿病の患者さんの食事を試食させたりしたという話でした。

そんなこんなで看護体験の日は、高校生やフツウのOLさんがナースのコスプレで潜入してきます。
後輩の研修医の彼女が潜入してきたこともありました。
こんな機会でもないとドクターの職場見学なんてできませんものね。

残念ながら今年の東京での看護体験は募集を締め切ってしまったのですが(私がすっかり忘れていました・・ごめんなさい)、神奈川県をはじめ、他県ではまだ募集を受け付けている看護協会もあります。
応募書類に志望動機を書くところがあったと思います。
まちがっても「医療プレイが好きだから」なんて書かないでくださいね。
お断りされてしまいますので(笑)。

詳しくは、ふれあい看護体験のHPでそれぞれの看護協会のところをクリックすると募集要項が出てきますので、そちらでご確認ください。↓
http://www.nurse.or.jp/home/event/simin/fureai/index.html
いちごミルクのラブローションで耳つぼ性感マッサージ
2007年 04月 12日 (木) 16:01 | 編集
耳といえば、耳鼻咽喉科で使う耳鏡↓ですが、一瞬で終わってしまうのでちょっと残念。


耳が感じちゃうひとって案外多いのではないでしょうか?
せっかく感じちゃうところなのに見るだけじゃつまらないので、今日はもっと感じる耳のプレイを考えたいと思います。

先日内視鏡付の耳掻きの記事(http://medicalplay.blog96.fc2.com/blog-entry-10.html)を書いたのですが、耳の穴の中をいじられるのって独特の陶酔感が得られますね。

よく耳にはツボが集中しているっていいますよね。
だからこんなに感じちゃうのかな・・・。

耳は東洋医学では、胎児の形といわれます。
耳たぶが頭、耳の輪郭が背骨、耳の穴の近くが内臓という感じで赤ちゃんのように丸まっているイメージです。
よくいう耳ツボはこの胎児のモデルの上に点在しているしくみですね↓。


インド医学のアーユルヴェーダでも耳全体のマッサージがあります。
では、アーユルヴェーダの耳のマッサージを紹介しますね。
マッサージの前に手を温めておきます。
両手で患者さんの耳を覆って、上下にゆっくりマッサージして耳たぶをほぐします。
それから指の腹で耳の付け根を上下にリズミカルにマッサージします。
次に親指と人差し指で耳の端をつまんで、上、斜め上、真横、斜め下、耳たぶの順で耳を放射線状にゆっくりひっぱってあげます。
もし痛いところがあったら、そこを集中的に何回か丁寧に引っ張ってあげます。
マッサージ中は、患者さんに長く息を吐いてもらうのがポイントです。
耳たぶのマッサージが終わったら、人差し指の先を耳の穴にゆっくり挿入します。
挿入した指を優しくねじります。
そしてスッとぬきとります。
これを数回くりかえします。
健康のためのマッサージですが、指のタッチをエッチなモードに変えるとかなり感じちゃいます。
指のタッチは健康マッサージでも、声がけがつくだけでも性感マッサージになっちゃいます。

ラブローションを使って耳をマッサージしてもいいですね。
私がおすすめなのは、メープルシロップのローションいちごミルクのローション
やっぱりおいしくてかわいい香りなのがいいですよね。
これを遮光ビンに移していかにもお薬っぽくして、
皮膚科のように軟膏ヘラ↓で耳に塗ります。

細かて軟膏へラではうまく塗れないようでしたら、エステ用スパチュラ↓の方がやりやすいかもしれません。

耳の穴にたれないように注意してくださいね。

ローションをつけてマッサージするとヌチャっとエッチな音もして、恥ずかしさが湧き上がります。
マッサージの後は先生の舌でローションを除去してあげてくださいね。
穴の中も味診してあげてくださいね。

私ならこんなに耳の穴を責められたら、下の穴もヌチャヌチャになっちゃいます・・・
ラブ・コスメだって薬品ビンに移して使えばメディカルな雰囲気!
2007年 04月 10日 (火) 14:42 | 編集
うちの医局員たちが論文の翻訳をよく依頼していた翻訳会社のコーディネータさんは、安達ゆみちゃん系のベビーフェイスでした。
彼女のかわいい声をききたくて、つい翻訳を出してしまう医局員もいました。
医者や製薬会社の社員がお食事に誘いたいとか、合コンしたいとか思うことも多かったようですが、もちろんタダでは承諾してもらえないようでした。
「モチロンおみやげも持ってきてくれますよね」
でも、ブランド小物なんかでは
「何これ」
と言われてしまうとか・・・。
実はこの彼女、とにかくメディカル好きで、彼女の「おみやげ」っていうのはフツウでは入手困難なメディカル系のグッズを持っていくことだったのです。
医薬品の販促用の医薬品のロゴ入りのメモ用紙やボールペン、実験用マウスのグラビアカレンダー、カテーテルやシリンジのサンプル・・・。
こういう業界の人にはタダで手に入るものなので、女の子が喜ぶプレゼントだなんて気がつかない医局員も多かったのです。
私は同性だったので、
「あまってるのあったら、是非分けてくださいね!!」
って言われていたので、知ってたんですけどね。

そんな彼女はオフィスのデスクに薬品のビンを並べていて、
  
アルコール綿を入れておく青いガラスの万能壷にダブルクリップをいれたり、シャーレに付箋を入れたり、遮光のクリーム容器にゼムクリップ、ビーカーをペン立てに・・・
   
という具合に利用しているって言ってました。

私も実験道具とか遮光ビンって大好きなので、私もやりたい~!って思ったのですが、翻訳会社の彼女がやるからかわいいんですよね。
やっぱりドクターの机に滅菌クリップじゃ、シャレになりませんものね。

でも、コスメなら誰にも見られないので、よく遮光ビンに移し変えて使っています。
メディカル・プレイに使うラブ・コスメなども遮光ビンに移すと医薬品のように見えて、いい感じですよ。
遮光ビンはアロマテラピーの専門店で購入するのもおすすめ。
小分けに便利な小さいサイズやスポイト付など、便利なものがいろいろみつかります。
  
アロマテラピー用のボトルは、液体を持ち歩くことを前提にしているボトルが多いので、液モレもしにくいのです。
また、スポイトがなくてもぽたっと一滴ずつ出てくるボトルもあるものアロマのボトルならではですね。

ちなみに私がよく容器を買うアロマのショップさんは、ニールズヤード、カリス成城、生活の木などです。
ネットショップではアロマ&ヒーリングSOLJOYさんなどが気に入っています。

実験用具は科学じっけん理科屋さんというネットショップさんが私のお気に入りです。
それから余談ですが、銀座にある有名な紅茶専門店、マリアージュフレールのカサブランカというお茶は、ベルガモットの香りのアールグレイのグリーンティーにミントの香りの爽やかなお茶。
これが夏のギフト用に大型のメディシンボトルに入って売られるので、メディカル好きにはかなりのおすすめです。
医療用手袋で私のエッチなこころをわしずかみにして欲しい
2007年 04月 09日 (月) 00:27 | 編集
私はひとの手を見て、すてきな手だな~って思うことがけっこうあります。
女性の手でも男性の手でもそういうことってよくあります。
職場の後輩が
「あの、これちょっと見てもらえませんか?」
と私にスライドを手渡してきたとき、ふいに目に入った彼の指が何ともセクシーに見えてしまったこともありました。
さすがにこのときは「私ってやばい・・・」と思い、急いで「今のはなかったことにしよう」とリセットしました(*_*;)
ドクターは爪もきちんと短くしているし、手洗いを徹底していますからね。
きれいな手に見えたのかもしれないですね。

だけど手といえば、やっぱり医療用のグローブ。
グローブの手で体に触れられると、素手で触れられるのとは違った無機質な感触があります。
この無機質さにビクンとなってしまうことがあります。

今はラテックスの手袋は台所用や介護用などホームセンターなどでも売っています。
でも手術用のグローブは流石なフィット感。
これに慣れると、家庭の汎用ラテックス手袋はもう使えません・・。↓


ところで、ドクターのなかで時々あるのがラテックスのアレルギーです。
手袋の天然ゴムでアレルギーをおこしてしまうのです。
そんなときには、ラテックスの手袋をはめる前に手に塗って、かぶれから手をガードするクリームを利用するといいかもしれませんね。

クリアーGハーモニー皮膚保護クリーム 57g        KJ-0067-07

天然ゴムにアレルギーのあるかたでも大丈夫なニトリルのグローブ、しかもパウダーもないタイプのものもあります。↓
ブルーっていうのもいいですね。


でも敏感な場所や粘膜でできている場所は、グローブをすると素手で触れるよりも痛いのです。
グローブをしたら、素手よりも優しく丁寧に触れてくださいね。
まXこってとっても敏感な場所・・・脱脂綿でやさしくぬぐってね
2007年 04月 03日 (火) 17:50 | 編集
大人のなぞなぞです。
両手を合わせたような形の皮膚の隙間で、ふちに毛がはえていて、いつも閉じたり開いたりして、
いつも中が濡れているけど、感情が激しく変化すると水があふれてくるところってど~こだ?
ヒントは、三文字で最初の文字が「ま」で最後の文字が「こ」。
さあ、もうわかったでしょ。

答えは「まなこ(眼)」です。
今日は「まなこ」で感じちゃうお話です。

瞼ってすごく敏感な場所ということは周知の事実ですが、性感帯でもあるように感じたことはありませんか?
眼科で眼を洗眼してもらったり、眼科用のスポイトで点眼してもらったりするとけっこう感じるのは私だけでしょうか?
でも眼科ではまぶたをいじることはあまりないので、実は私も最初はあまり深く考えませんでした。
ですが、エステサロンでまつげにカールをかけたときに確信しました。

エステサロンでは、髪をタオルで包み、歯科の治療台のような電動チェアにねかされます。
目を閉じると、無影灯のようなライトを当てられます。
エステシャンは私の頭側に座り、自分が施術しやすい高さにチェアを調節します。
リムーバーを含ませた脱脂綿でまつげを念入りに消毒します。
まつげの生え際も丹念に拭きます。
それから、まつげにコームで薬品を丁寧にぬり、ロットでまつげを巻きます。
まつげが引っ張られ、少し瞼が開きそうなくらいになります。
ロットで巻いたまつげに、また薬品をつけます。
しばらくおいてから、ロットを外し、リムーバーを含ませた脱脂綿で念入りに拭きます。

(写真付で見られるサイトはこちらです↓
http://www.oshareya.com/arundaun9/kanren1.html)


全てのプロセスが終了するまで、一時間くらいのかかったかと思います。
こんなに長時間にわたって瞼を細かくいじられた経験は他にありませんでした。
時間がたつにつれて、まつげの生え際と外性器が連動して反応しているような妙な感覚にとらわれました。
このとき、まぶたが性感帯であることに初めて気づきました。
電動のベッドに寝かされて、無影灯のようなライトに照らされて、ナースのユニフォームと似た感じの白衣の女性が、そんな敏感な場所をとがった器具で執拗に刺激してくるのですから・・・。
施術が終わった時には、まつげはクルンとぱっちりおめめになってはいましたが、頭の中はエッチな妄想でぐるぐる状態になってしまいました。

それで、メディカルプレイ版まぶたケアを考えました。

先生にコンタクトレンズを外してもらって(患者さんのコンタクトレンズを外すのはちょっと練習がいりますね)、
目を閉じて横になり、
涙に近い成分のリムーバーがしみこんでいるコットン↓でマスカラを、先生に時間をかけて拭いてもらいます。


アイラッシュマニアというロットをまぶたに装着して、
綿棒に市販の洗眼薬↓をつけてマツゲをロットに固定します。

固定するとこんな感じになります。↓
http://matuge.jp/max.image/how3.jpg

固定されているまぶたの隙間にドライアイ用の点眼薬↓を先生がぽたぽたします。


じらすように声がけされると効果は倍増でした。
これだけで私はイッちゃいました・・・。
なんかマニアックですね・・・。

患者さんの眼が感じる場所かどうか、マツゲの生え際を優しくゆっくり触診してみるといいかもしれませんね。

虹彩を観察してみましょう。瞳をじーっと覗きこまれるのって誰でもドキドキしちゃうものですよね。
2007年 04月 03日 (火) 17:47 | 編集
今日は眼科プレイでいきましょうか。

好きなひとに瞳をじーっとのぞかれるのって、誰だってドキドキしちゃいますよね。
眼底検査の担当がイケメンだったら、いたずらして欲しくなっちゃいますよね。
カラーコーディネーターにパーソナルカラー診断をしてもらうとき、虹彩を詳細に観察されるのですが、眼底検査と同じくらいのドキドキ感があります。

パーソナルカラー診断では、暗くせずに、ライト付のルーペ↓を使って虹彩を観察します。

エッシェンバッハLEDライト付ルーペ35mm10倍[10.5倍] 代引,送料無料

白目と黒目のコントラスト、虹彩の透明感、白目と虹彩の境界部分にどんな色みがあるかなどを見ます。
この虹彩の外郭はひとによって、緑だったり、紫だったり、青だったり、茶色だったりします。
その色の系統のものを顔のそばにもってくると引き立つのだそうです。

ちなみに、エッシェンバッハのライト付ルーペはいろいろ使えて私は気に入っています。
人口呼吸用の器具をつけてキスしてみる
2007年 04月 01日 (日) 18:55 | 編集
緊急時に知らない人にマウス・トゥ・マウスの人口呼吸をするために使う器具レサコって知ってますか?
消防署の救命救急講座やボランティア活動で紹介を受けたかたもいるのではないでしょうか?
レサコは病院の中で使うのではなく、街中などで、しかも医師ではないひとが使うためのメディカルグッズなのです。
医療用品の中ではちょっと異色な存在ですよね。
実は私もレサコを実際に人命救助のために使った経験はまだありません。
ですが、私はレサコを見ると緊急時にとっておくにはもったいないような魅力を感じてしまうのです。

レサコは一般のかた向けに開発されている商品なので、かわいいものもけっこうあります。
私が以前国際展示場でレサコを見たときは、外国のメーカーがめちゃくちゃかわいい
ものをたくさん展示していました。
まだ日本にはくまちゃんに入ったレサコ・・・とかいうものは売っていないと思うのですが、
そういうの欲しいですよね。

さて、今日本でフツウに売られているレサコは、キーホルダーのように持ち運べるかわいいケースに入っているものもあります↓

開けるとディスポの人口呼吸補助器具が出てきます。↓


レサコを顔にかけると、こんな感じになるのですが、↓


レサコごしにキスしてみるとすごくビミョーな感覚なのです。
口にはプラスティックのノズルをくわえていて、顔はビニールで覆われて、不思議な拘束感です。
アイマスクとは一味違った孤独感もあります。
鼻を圧迫すると息ができないので注意してくださいね。

ちなみにマスク型の人口呼吸補助器具もあります。
もっとメディカルっぽいフォルムが魅力的ですね。↓

私はこれは訓練用のお人形でしか使ったことはないのですが、直接マウス・トゥ・マウスで人口呼吸するよりも楽だったように感じました。
(防災訓練の話をしてもしかたないですね・・・)
copyright (C) 女子慰科大学メディカル・プレイ科学教室シラバス all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。