FC2ブログ
お医者さんごっこをディープに研究していきます
女子慰科大学メディカル・プレイ科学教室シラバス
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尿道攻めは痛いのだが・・・
2013年 01月 24日 (木) 12:41 | 編集
先日コメントをいただいて、低周波が痛くて・・・というご意見でした。
そのとおり、低周波はパワーを上げると痛く感じてしまう感受性の高いかたも多いですね。
貼る場所を、例えば筋肉の起始部と停止部を意識してはったり、神経の走行をねらってはったりすると
ちがったよさが感じられるかしら。。。

さて今日は以前私は苦手と書いた導尿ネタです。
実際は痛くてあまり好きじゃないはずの導尿なのですが、動画で見てたら、ビジュアル的に感じちゃったので、
報告しちゃいます。↓

http://momo611ura.blog13.fc2.com/blog-entry-708.html

フェチネコさんのブログ、このエログロ感が好感がもてますね~。
スポンサーサイト
[PR]

EMSっていうのもアリですね~
2012年 09月 02日 (日) 13:23 | 編集
お久しぶりです。ブログのお休み中に、暖かいメッセージをいただき、
本当にありがとうございました。
表の顔の某「顔本」でいただくメッセージより、なぜかこのブログにいただくコメントに癒される私です(笑)。

さてさて、先日本職の方でググッていたら、なぜかまたゴッコの方の誘惑にかられて、横道にそれて、ちょっと気に入った動画をみつけました。
ダイエットとかで夜中の通販番組でよく宣伝しているEMS(肩こり用の低周波治療器です)を使ったプレイです。
でもEMSってパワー上げると痛いですよね。。。ちょっとお仕置き的に使えていいアイディアですね~。
この動画の彼女はEMSでけっこう感じちゃうのです。
外見的な雰囲気が自分と近くて、太ももに低周波で感じちゃうところに親近感が沸いて、ソフトすぎる動画なのに見てるだけでいっちゃいました…

良かったら皆様も見てみてくださいね。(FC2の無料サイトです↓。)
http://video.fc2.com/ja/a/content/20120816mwZyp2re/
乳房のエコーで、おっぱいもあそこもヌレヌレでした
2007年 05月 23日 (水) 14:19 | 編集
先日、乳癌の検診を受けました。
乳房の超音波検査です。

温めたゼリーをタラーっと乳房にたらします。
何でもない顔を装っていましたが、硬い枕や薄暗い雰囲気の中で敏感なところにゼリーをたらされて、あちこちの筋肉がビクンと萎縮しました。

プローブを柔らかい乳房にぐっとあてがわれます。
乳房が圧迫され、下半身に感じる信号が伝わっていくのを感じました。
エコーのプローブは乳房の弾力を押さえつけながらゆっくりと滑ります。上から下へ、下から上へ、右から左へ・・・。
下のお口から暖かいものがトロリトロリと下着をぬらしはじめました。

薄暗い沈黙の中、ピチョ、ネチョっとエコーのゼリーが、ときどきいやらしい音をたてました。
プローブが乳房の中央にさしかかりました。
一番敏感な乳頭をプルンと刺激しながら通過します。
ヴァギナが連動してキュッと収縮します。
プローブは乳首を何度も何度も刺激します。
ヴァギナがヒクヒクしはじめました。

感じているのに、何事もないような顔をしていなければなりませんでした。

乳房のエコーのかわいいイラストがありました↓
http://www.upld.net/sin/img/img20050623122833.jpg
処女の秘所はこうして調教された(Results)
2007年 05月 11日 (金) 15:49 | 編集
前回からの続き)

私の意志とはまったく関係なく、ヒクヒクしている私の秘所に、彼を指をのばしました。
彼の指が触れると、クチャッといやらしい音がしました。
「ひっ・・・いたい・・・」
「ほんと、せまい。」
彼は指を一度抜いてから、今度は少し強引に指を差し入れました。
「あ・・・あ・・・いたい・・・」
彼は指を何度も抜き差しして、少しづつ奥にすすめようとしました。
「本当にバージンなんだね。何か指が押し戻される感じ。穴がちいっちゃくて指が入ってかないよ。」
彼は私の秘所を押し広げ、奥までのぞこうとしました。
広げられると、つれるような痛みがあって、私は恥ずかしさと痛さで目をぎゅっと閉じました。
彼の舌が皮をかぶったクリトリスをとらえました。
コリコリとした痛みにしばらく耐えていると、今度はクリトリスに鋭いヒリヒリした痛みを感じました。
「くぅぅぅぅ・・・・」
「ここ気持ちいい?今クリちゃんの皮むいてあげたよ。」
その強い刺激が気持ちがいいという解釈はその時の私には受け入れることはできませんでした。
彼はヒリヒリになったクリトリスを舌でころがしながら、小指を私の秘所に深く差し入れました。
入り口付近のひっかかりをかすめて、彼の小指が私の中に入ってきた感じがしました。
あまりの痛さに内腿に力が入りました。
「そんなに力いれないで。小指が根元まで入ったよ。大丈夫だから。」
彼は指を変えたり、方向を変えたりしながら何度も抜き差ししました。
クチョ、クチョといやらしい音がシーンとした部屋にやけに大きく聞こえる感じがしました。
私の意志とは関係なく、私の秘所はヒクヒク痙攣して、何度も勝手にイッてしまいました。

どれくらい時間がたったのでしょうか。
窓にかかったカーテンの隙間から、白みはじめた朝のひかりがちらちら見えはじめた頃には、私の体のいたるところが、ヒリヒリする状態になっていました。
エッチって痛いんだな・・・とちょっとつらい気持ちと、好きなひとにいじくりまわされたうれしさでいっぱいでした。
彼がコーヒーを入れてくれました。
「指一本だけなのに、すごい絞めつけてくるね。指がもぐもぐソシャクされているって感じだったよ。でも、こんなに小さい穴に入れるのはちょっと無理そうだから、もうちょっとアナの調教してからにしようね。」

(Discussion)
というわけで18歳のガリ勉むすめが好きなひとと初めてお泊りした夜は、何だか挫折したように終わってしまったのでした。
その後、痛い感覚から、感じる感覚に変えてくれたのは、何をかくそうお医者さんごっこツールだったのでした。
そのお話はまた次の機会に書きますね。
処女の秘所はこうして調教された(Materials & Methods)
2007年 05月 08日 (火) 15:04 | 編集
前回からの続き)

彼は私の手を床におしつけたまま、唇で私の乳首をキュッとつまみました。
「くぅぅぅ・・・・」
かたくこった芯をつねられるような痛さが襲ってきました。
彼は容赦なく何度も何度も唇で乳首をつまみあげました。
「くふぅぅ・・ぅぅぅ・・・」
堅い乳首が彼の唇につままれるたびに、痛いと言えずに声にならない声がもれました。
「がまんしなくていいよ。声出してもいいんだよ」
彼はふたたび私の乳首を口にふくむと、今度は口の中で乳首をころんと舐め上げました。
そして口の中で乳首をころがしました。
堅い乳首が彼の舌で上に下に横に、ねっとりと傾けられては、ぷるんともどりました。
「はぁぁぁぁぁ・・・ぃたい・・・」
彼の舌は私の乳首を巻きとるようにからまり、乳輪全体がチュっと吸い上げられました。
「ふぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・ぃ・・・たぁぃ・・・・」
「ほら、見てごらん。乳首がこんなに立っちゃってるよ。」
誰も触れたことのなかった私の乳首は、彼の唾液と摩擦の刺激で、ヒリヒリになっていました。

私が痛さに目をうるませていると、彼は私のパジャマの中に手を入れて下腹部を優しくなでました。
暖かい手に優しくなでられて、少し安心して全身が弛緩していきました。
ですが、ほっとしたのは束の間、彼の指が私のクレバスを下着の上からとらえました。
おどろいた私は反射的に両ももをギュッととじました。
「手がはさまっちゃたよ。こわくないから力ゆるめて。」
「だってこわいよ・・・。痛いんだもん・・。」
「痛いことしないから。目つむってればこわくないから。だから力ぬいてよ。大丈夫だから。」
「うん・・・」
私は全身の力をぬいて、目をぎゅっと閉じました。
目を閉じると、彼はすばやく私のパジャマのズボンと下着をはぎとり、私の脚を力まかせに開かせました。
「いやぁ・・・恥ずかしいよ・・・」
「目つむってれば大丈夫だから・・・うわ、ぬらぬらになっちゃってるよ。」
「え?」
「ほら、すごいよ。感じやすいんだね。」
「え?」
彼の指が私の秘所に触れました。触れるか触れないかという感じでした。
ピチャ、ピチャ、ピチャ・・・・
「ほら、こんなんなっちゃったよ・・・」
「え?」
正直いって、私にはそれがどういうことかよくわかっていませんでした。

彼の何本もの指が私の花弁をかきわけ、私の花弁は放射線状にひっぱられ、大きく押し開かれました。
「いやあああ・・・」
脚を閉じようとしても膝が彼の肩で固定されていて動けませんでした。
彼の乾いた指がまだ咲いていない蕾をぐりぐりとこねまわしました。
「ぃぃぃぃぃ・・・・・・・ぃたい・・・・・いたい・・・・ぃゃ・・・」
「ごめんね・・痛かったね・・・」
するとねっとりした熱い感覚が花弁の内側に感じました。
柔らかく、ぬるぬるしたものが花弁の内側をくまなくはいまわりました。
「はぁぁ・・・ぁぁぁぁ・・・」
彼の舌は私の菊の穴にむかってすすみました。
「あああああ・・・・・いやあああ・・・そんなこといやぁぁ・・・」
彼の舌は菊の穴をとらえて、きつく締まった括約金筋をぬめぬめと撫で上げました。
「はぁぁぁぁ・・・・・・・・いやぁぁぁぁ・・・・・・・」
すると、私の秘所がヒクヒク痙攣しはじめました。
全身の筋肉が萎縮して、体が大きくのけぞってしまいました。
「ああああ・・・いやああああ・・・はああああ・・・」
「すごい、おしりの穴舐めただけでイッちゃったね。やっぱりすごく感じやすいんだね。」

(次回につづく)
copyright (C) 女子慰科大学メディカル・プレイ科学教室シラバス all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。